現在のページ : HOME

男性もエステの時代

昨今街中を移動すれば、男性専用エステの宣伝にやたらと遭遇します。
それはターミナルの壁面の大きな広告だったり、電車やバスの車内の吊り広告だったり、更には待ち合わせ場所の大きなスクリーンに突然映し出されるなど、時に「これでもか!」的な印象を覚え、むしろ「こんな莫大な広告費を投じて、果たして採算が取れるのかな?」などと心配してしまうアナタには、経営者の素質が十分です。

「男がエステなんて」などと一部の偏見が声高に囁かれたのも、今となっては遠い昔です。
男性も堂々とエステに足を運び、思い描く理想の自分自身に少しでも近づこうと努力する姿そのものを「ステキ!」と受け止める価値観がすっかり定着しています。
この自分磨きの姿勢に関しては、エステで叶えようとする外観面の美しさのみならず、その姿勢自体を高く評価数r向きも随所に見られます。
そして「ありのままの自分をプラスに変えようとしない男性」に対し、向上心の不足などマイナス評価が届けられてしまうリスクすら感じられる程、エステが絡む世の中の価値観は変化を見せているのです。

男性もエステの時代は既に到来から、すっかり定着しています。
就職活動を控えた大学生、披露宴当日のカウントダウン中の新郎、営業や接客で不特定多数のお客様と対峙する数々の職業の方々など、エステの効能を大いなる武器に、最高の自分を求める世の男性は、今後も右肩上がりで増加を続けるであろう事、間違いないのです。